« 押尾コータローとタック・アンドレス | トップページ | レモンティーとヤードバーズ »

2004年3月17日 (水)

鮎川誠のレスポール

先日、ポカリスエットのCFを見たら、福山雅治鮎川誠がビルの屋上演奏しているものに変わっていた。

僕は、鮎川誠のギターが好きである。あの突っかかった感じの弾き方がまさにロックンロールという感じがする。彼が、弾いているギターは黒のレスポールカスタムだ。あれ以外のギターではほとんど使っていないのではないかと思う。確か、シーナ&ロケッツの前にやっていたサンハウスの頃から使っている。

昔、彼のインタビューで、このギターとの出合いについて語っていた。彼の友達がこのギターを買ったらしいのだが、彼がとても気に入ったのでそれを貸してもらい、そのまま現在に至っているらしい。さすが、めんたいロックンローラー。

たぶん、その当時でも25万~30万円くらいしたのだと思う。貸した(取られた?)友人の心中を察すると、可哀想で仕方がない。しかし、現在も現役のミュージシャンで、バリバリ使ってもらっていることを考えると、今では彼も鼻高々であろう。

↓このエントリーが参考になった方は投票(クリック)願います
blog_ranking.gif

|

« 押尾コータローとタック・アンドレス | トップページ | レモンティーとヤードバーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19818/313983

この記事へのトラックバック一覧です: 鮎川誠のレスポール:

« 押尾コータローとタック・アンドレス | トップページ | レモンティーとヤードバーズ »