« 世界一の声の持ち主 | トップページ | グロリア・エステファン『Alma Caribena (Caribbean Soul)』 »

2004年11月 4日 (木)

パット・メセニー・グループ『Letter From Home』

letter_from_home.jpg
Letter from Home

このブログの左上には僕が使っているスピーカーの写真を表示している。JBL製の4312B MkⅡという手ごろな値段で買えるモニター用のスピーカーなのだが、このスピーカーを買った時、一番初めにかける曲について結構悩んだ。悩んだ末、タイトル的にしっくりくるものをと思い、パット・メセニー・グループの'89リリースのアルバム『Letter From Home』に収録されている「Have You Heard」を選んだ。

パット・メセニーは色々なフォーマットで音楽を作り出しているが、僕は盟友ライル・メイズと作ったアルバムが好きだ。このアルバムもその一つで、爽やかな中にも深みがあるパット&ライルのコンビならではの音である。このアルバムではECM時代に活動を共にしていたペドロ・アズナ-ルが復帰し、独特の存在感を出している。

このペドロ・アズナ-ルのボーカルが最も効果的に使われているのが、「Have You Heard」である。ボーカルというより人の声を一つの楽器として扱い、他の楽器と共に美しいハーモニーを作り出している。この曲、難しい拍子を使っている曲だがあまりそういう事は意識させず、パットが頭の中に描いている情景が耳からスッと入ってきて目の前にパーッと広がるような感じにさせてくれる曲である。

Dream of The Return」はゆったりとしたテンポの中で、ボーカル、エレクトリックギター、ピアノ、ギターシンセが次々に美しいメロディーを紡ぎ出す佳曲であるが、ここでもペドロ・アズナ-ルのボーカルがいい味を出している。もちろん、パットのギターもいいですよ。

↓このエントリーが参考になった方は投票(クリック)願います
blog_ranking.gif

|

« 世界一の声の持ち主 | トップページ | グロリア・エステファン『Alma Caribena (Caribbean Soul)』 »

コメント

80年代はメセニーばかり聴きまくってました。
かなりMPBがかってきたこのアルバムも本当に何回聴いたか分かりません。
自分にとっては天上の音楽というのはこういうものかなという印象です。

投稿: サンタパパ | 2004年11月 4日 (木) 02時00分

サンタパパさん、こんにちは。
「天上の音楽」はいい表現ですね。まさしくそんな感じがします。

投稿: getsmart0086 | 2004年11月 4日 (木) 12時35分

はじめまして♪
僕もPMG大好きです。
そして、彼のアルバムの中で、やっぱりこの「Letter From Home」が一番好きです。そして(笑)、この「Have You Heard」には何度癒されたかわかりません。
ちなみに、僕もアンプとスピーカーを買い換えたとき、最初にかけたのが「Have You Heard」でした(笑)
・・・そのときは、ライブ盤「Road To You」のバージョンでしたが(^^;。
JBLのスピーカーいいですね(^^)。うらやましいw

投稿: takettie | 2004年11月 4日 (木) 21時06分

takettieさん、こんばんは。
>アンプとスピーカーを買い換えたとき、最初にかけたのが「Have You Heard」
同じ行動をとった方がおられたとは驚きです。その時の気持ちは同じだったんですね。いい曲ですよね、本当に。
僕の場合は、スピーカーのエイジングをせずにかけたのでこの曲では鳴りがイマイチで、「こんな音しか出ないの?」と心配してしまいました。次にコルトレーンの「Say it」をかけたら少しはましだったのでホッと胸を撫で下ろした次第でした。今ではいい具合に鳴るようになり「Have You Heard」も気持ちよく聴けてます。

投稿: getsmart0086 | 2004年11月 4日 (木) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19818/1858512

この記事へのトラックバック一覧です: パット・メセニー・グループ『Letter From Home』:

» Letter From Home / Pat Metheny Group [音楽日誌]
[続きを読む]

受信: 2005年7月 5日 (火) 05時14分

« 世界一の声の持ち主 | トップページ | グロリア・エステファン『Alma Caribena (Caribbean Soul)』 »