« グロリア・エステファン『Alma Caribena (Caribbean Soul)』 | トップページ | コーデュロイ『DAD MAN CAT』 »

2004年11月 7日 (日)

XTC『MUMMER』

oranges__lemons.jpg
Oranges & Lemons

久々にXTCを聴こうと思い、個人的には彼らの最高傑作だと思っている『Oranges & Lemons』を取り出そうと、CDラックに手を伸ばしたら、無い。無いではないか『Oranges & Lemons』が。無くしたのか、そもそもLPしか持っていなかったのか記憶が定かでない。このままではまずいので是非とも買っておかなくてはならない。CDが欲しいと思いつつ未だにLPでしか持っていない『Black Sea』と共に買うことにしよう。

Mummer.jpg
Mummer

気を取り直して、XTCを聴こうと思い、手にしたのが彼らのアルバムでもかなり地味なアルバム『MUMMER』。理由はこのアルバムに収録されている「Wonderland」が聴きたくなったから。万華鏡ポップスと評されることもある彼らだが、このアルバムは中期の傑作である『Skylarking 』や『Oranges & Lemons』への転換期に作製されたアルバムであるため、彼らのアルバムの中ではちょっと中途半端な感じはするが、アンディー・パートリッジが丁寧に音を作りこんでいる曲も多いので、彼らの魅力にはまった人間には楽しめるアルバムだと思う。

ただ、このアルバムで僕が一番好きなのは、コリン・ムールディング作曲の「Wonderland」。この曲だけ他の曲と比べてトーンが全然違いどこか牧歌的ムード漂う曲で、ポップな中にも毒があるXTCの作品の中においては珍しく気持ちを和ませてくれる。

1曲目の「Beating of Hearts」は、スチールドラムの音色(たぶんスチールドラムの音をサンプリングしてギターシンセで弾いたのではないだろうか)と中東のメロディーが違和感無く同居しているこれぞXTCの真骨頂という曲で、XTC好きはニヤッとさせられる。「Ladybird」はビートルズの承継者と言われる所以を実感させられる非常に凝った曲作りの佳曲。ラストの「Funk Pop a Roll」は、その後の彼らのアルバムへの軌跡をハッキリと感じさせるひねくれたキラメキポップス。

このアルバム、XTC初体験の人は聴いてはならないと思うが、一度XTCの魅力にはまった人は持っておくべきアルバムだと思う。

↓このエントリーが参考になった方は投票(クリック)願います
blog_ranking.gif

|

« グロリア・エステファン『Alma Caribena (Caribbean Soul)』 | トップページ | コーデュロイ『DAD MAN CAT』 »

コメント

XTCから無理矢理一枚と言われたら、個人的な思い出込みで『Skylarking 』を選びます。次が『Oranges & Lemons』で、その次に、たぶん『MUMMER』が来るだろうと。こんなふうに順位を付ける意味なんか全くないんだけど、自分の趣味を言い当てられたようでおかしかったです。

XTCは聞いていると、なんか、クラクラしてきます。あまりにもブリティッシュで、としか言いようがないんだけど。難解なコードが美しいコーラスをともなって、捻れよじれた挙げ句、いつの間にか、ものすごく耳の心地いい旋律につながる、みたいな。イギリス人っておもしろいね。

投稿: Umiko | 2004年11月 8日 (月) 09時40分

Umikoさん、こんにちは。
僕のベスト3は、『Oranges & Lemons』→『Skylarking』→『Black Sea』てな感じでしょうか。上位2つは甲乙つけがたいですが、『Black Sea』は気分によって他のアルバムと置き換えられそうです。
XTCの影響を受けたと思われるアーティストはそれなりにいますが、XTCのような楽曲を作れる人達は殆どいないように思います。ワン・アンド・オンリーな存在ですね。ま、こういう音を作っても売れないだろうという事も影響しているとは思いますが。XTCの音は、取っつきにくいけれどもはまると抜け出せなくなる、ある意味ドラッグのようです。そういやー、エクスタシーって名前のドラッグありましたよね。

投稿: getsmart0086 | 2004年11月 8日 (月) 12時51分

XTCってやはりたまに聞きたくなりますよね!季節は春かな?だからやっぱりスカイラーキングを選んでしまいます。
ところで、ブリティッシュぽいってことで、TearsForFearsの
EverybodyLovesAHappyEndingにはまっているんですが、皆さんはどうですか?個々最近CDを買ってこんなに何度も聞いたCDは久しぶりです。9月の発売から今でも聞いています。

投稿: マルチオーディオ | 2004年11月 8日 (月) 13時13分

XTCといえば私は”にっちもさっちもノンサッチ”がなんかすげーな~と思い買いました。思ったより良かったのですが、
何故か隣の中国人留学生に聞かせたら”?????”といわれ、彼は次の日に”ザイチェン(漢字忘れました)”という中国ロッカーのカセットくれました。というどうでも良い思いでがXTCにあります。BLACKSEA個人的に一番好きです。物凄く好きなんですが、何故かほかのアルバムに手が出ませんでした。ビートルズに近いからかなあ

投稿: おkb | 2004年11月 8日 (月) 23時54分

マルチオーディオさん、こんばんは。
やはり『Skylarking』は人気がありますね。トッド・ラングレンがプロデュースしたという事もあり、ワクワクしながら購入したのを覚えてます。
TFFの新譜ですか。僕は聴いていないのですが、出来が良いという噂だけは聴いています。今度買ってみたいと思います。
個人的には英国勢には頑張って欲しいので、第3次ブリティッシュ・インベイジョンなんかがきたら面白いと思ってます。

投稿: getsmart0086 | 2004年11月 9日 (火) 00時08分

おkbさん、こんばんは。
皆さんXTC好きであることが判り、1ファンとして嬉しい限りです。日本の洋楽ファンは良い音楽をいつまでも大事にする人が多いので、XTCのように玄人好みのバンドも、ある程度の規模のマーケットを築いているんですよね。『Nonsuch』、僕も好きですよ。『MUMMER』同様ちょっと地味目のアルバムだと思いますが、いいアルバムです。「Ballad of Peter Pumpkinhead」や「Disappointed」などは僕のお気に入りの曲です。

投稿: getsmart0086 | 2004年11月 9日 (火) 00時20分

こんにちわ、お邪魔します。
XTCという言葉に引きずられてやってきました。どのアルバムも個人的には大好きなのですが、1枚を選べと言われるとやはり「SKYLARKING」になってしまいますね。
ちなみに好きな曲はと訊かれれば「1000 Umblellas」「Ten feet Tall」「All You Pretty Girls」といったところでしょうか?
ちなみにAndyがプロデュースしたLILAC TIMEの『AND LOVE FOR ALL』というアルバムは『MUMUER』+『SKYLARKING』という感じの必殺のアルバムだと思います。

投稿: MAO.K | 2004年11月11日 (木) 13時34分

MAO.Kさん、こんにちは。
やはり『Skylarking』は人気ありますね。XTCファンとトッド・ラングレンファンとかなり重なると思いますので、両者が手を組んだこのアルバムは楽曲の良さに加えてそういう面でも人気があるんでしょうね。
ライラック・タイムの名前を久々に聞きました。自分では持っていないのですが、友人から借りて聴いたことはあります。いいバンドですね。ただ、僕はLILAC TIMEという言葉を聞くと、バンド名の方じゃなく、ジェフ・バックリーの曲「LILAC TIME」を思い出しちゃいます。

投稿: getsmart0086 | 2004年11月12日 (金) 12時42分

大英MUMMER機関車の頃は大好きです
XTCはフィルター的バンドの最高峰だと思います

投稿: 通りすがり | 2010年6月15日 (火) 01時07分

通りすがりさん、コメントありがとうございました。

最近あまり聞いていないのですが、たまに無償に聴きたくなります。

投稿: getsmart0086 | 2010年6月16日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19818/1892921

この記事へのトラックバック一覧です: XTC『MUMMER』:

« グロリア・エステファン『Alma Caribena (Caribbean Soul)』 | トップページ | コーデュロイ『DAD MAN CAT』 »