« ザ・ポーグス『Peace & Love』 | トップページ | 梅雨を過ごすのにピッタリな曲 »

2005年6月 8日 (水)

歴代グランドイカ天キング

このブログを覗いてくれる方の多くは見ていたと思われるTBSの深夜番組「イカ天」。毎週アマチュアバンドのバトルがあり、審査員の投票によりその週のチャンピオンが決定しイカ天キングの称号をもらえると共に次週も出演でき、5週連続で勝ち抜くとグランドイカ天キングの称号を得る、とこんなシステムだった。途中、JITTERIN' JINNのやらせ問題なんかもあり、審査員の交代劇なんてのもあった。

さて、僕が記憶している歴代グランドイカ天キングは、つぎのとおりだった。

初代:FLYING KIDS
 「幸せであるように」は名曲。僕はこの曲をたまにカラオケで歌う。デビュー当時にライヴを見たことがあって、髭のギターの人がやたら巧かったのを憶えている。

2代目:BEGIN
 今ではすっかり沖縄音楽の大物バンドになっている。この頃はブルース色が強かったなー。

3代目:たま
 「さよなら人類」は大ヒットしたなー。確か吉祥寺をベースにしているバンドだったと記憶しているんだけど、演劇の要素なんかもあり、面白いバンドだった。たまはこの番組があったからこそ出てこれたバンドだと思う。

4代目:マルコシアスバンプ
 ベースのこまわりくんがクリームジャック・ブルースみたいなプレイをしていた。たまのグランドイカ天キングがかかった週に出てきて、暫定でイカ天キングになったのを憶えている。

5代目:BLANKEY JET CITY
 日本のロックバンドの中でもトップクラスのカッコ良さを持ったバンドだったなー。サバイバルナイフみたいな鋭い切れ味の音楽を作り出している感覚があった。解散してしまったのは残念。

で、こんな事を書いたのは、LITTLE CREATURESというバンドがいたんだけど、僕には「彼らは4週勝ち抜いたもののグランドイカ天キングにはなれなかったのではないか?」という記憶があって、それを確かめようと思ったから。

ネットで検索すると僕と同じような記憶を持っている人のホームページyossyさんのブログを見つけた。やはり僕の記憶に間違いは無かったと思っていたら、歴代のイカ天キングをまとめている「イカ天よ永遠に」なんて書いてあるホームページを見つけた。

なんとそこには、5代目グランドイカ天キングはLITTLE CREATURESと書いているではないか。それに僕にはほとんど記憶が残っていないPANIC IN THE ZUというバンドが7代目と書いてある。最後の方は、あまり見てなかったので、記憶に残っていないのも仕方なし。

更にBLANKEY JET CITY公式ホームページを覗いてみると、「6代目グランドイカ天キングを獲得」なんて書いてある。

と言うわけで、僕の完全な記憶違いが判明した。

最後に整理しておくと、歴代のグランドイカ天キングは次のとおり。
初代:FLYING KIDS
2代目:BEGIN
3代目:たま
4代目:マルコシアスバンプ
5代目:LITTLE CREATURES
6代目:BLANKEY JET CITY
7代目:PANIC IN THE ZU

ついでに書いておくと、BEGINLITTLE CREATURES以外は全て解散している。

あれから15年近く経ったのか。。。。

↓このエントリーが参考になった方は投票(クリック)願います
blog_ranking.gif

|

« ザ・ポーグス『Peace & Love』 | トップページ | 梅雨を過ごすのにピッタリな曲 »

コメント

15年早いですねぇ。
Norma Jeanがグランプリになった時、出演しました。
2分30秒ぐらいで消されましたが...。
あの時のNorma Jeanはグランプリになった時のビデオだけベースがTOKIEちゃんでした。

投稿: いっしー | 2005年6月 9日 (木) 02時25分

TBありがとうございます。
そうだったんですね。
記憶があいまいでですみませんでした。
これからも、よろしくおねがいします。

投稿: yossy | 2005年6月 9日 (木) 09時32分

イカ天、そのあとのなんだか映像関連の
番組も結構みてました。あっというまになくなりましたけど。
イカ天で
プロ志望っていうだけで、吉田健や伊藤銀次
が非常に厳しくなってるような記憶があります。

あと通称”ワイプ攻撃”避けるために、
自分の娘に歌わせたり、1分以内で
曲終わらせたりとか、ガーター下着で
歌うとか工夫なんだか、ただ単に出た
いのかわかんないバンドも楽しみの
ひとつでした。

そーいえばグレイがあっけなく撃沈したもの
何故か覚えてます。実際にその場で見ては
いなけど、当時その映像何度か流されて
それでみていたかもしれませんが。
多分いま絶対流れないと思いますが。


BLANKEY JET CITYが登場したときそれは
本当に衝撃的な演奏で、というのは嘘で
まったく印象がありませんでした。

バンドの自慢は?という司会の三宅祐司
に”ドラマーがプロデビューしたことがある”
と答えていたことが何故か鮮明に覚えています。
ちなみにそのバンドは遠藤ミチロウの
あのスターリンだったそうです。
高校の就職先に”スターリン”て書いたとか
インタビューで後年答えてました。

どうでもいいんですが次のバンド(素人ギャルバン)の自慢話が”父が戦闘機乗っていて胴体着陸した”ていうのもの何故か覚えてます。

BLANKEY JET CITYをフジロックで見たとき
関係者でも親族でもないのに”立派になったなあ~”としみじみ思ってしまいました。

イカ天の予選でほんとか嘘かわからない
のですが吉田達也のルインズが落ちたとか


投稿: okb | 2005年6月 9日 (木) 23時47分

>いっしーさん、こんばんは。
ウォー、すごいですね。出てたんですか。Norma Jeanはかすかに憶えています。

>yossyさん、こんばんは。
偶然にも僕も同じ記憶違いをしていました。今回確かめることができたので、非常にすっきりしました。

投稿: getsmart0086 | 2005年6月 9日 (木) 23時59分

okbさん、こんばんは。
「とりあえず目立ってやれ!!」みたいなバンド、僕も結構楽しみにしてました。BJCの中村達也はあの時、スタークラブって言ってませんでしたっけ? 僕の記憶ではそう残っているんですが、5代目と6代目を間違えるくらいですから自信はありません。三宅裕司の司会はなかなかツボを押さえていて、僕は好きでした。イカ天の次の番組名がどうしても思い出せません。「××天」だったと思うんですが。。。

投稿: getsmart0086 | 2005年6月10日 (金) 00時13分

「イカ天」見てましたよ。“たま”が衝撃的だったかな。「アパートのベランダにまたたびをぶら下げておいたら、近所中のねこが集まって来た」というくだらない話をまだ覚えてます。
“BEGIN”のツェッペリンの話も覚えてます。
演奏で覚えているのはキーボードを抱えたプログレバンド、すぐ消えてしまったような気がするのですが、ビデオにまだ残ってたらうれしいな。
イカ天本をまた読み返してみます。

投稿: hello nico | 2005年6月10日 (金) 00時23分

当時、名古屋で雑誌社に勤めていて、イカ天からプロデビューしたバンド、かなりインタビューしてますよ~。

印象的だったのはやっぱり初代と二代目のキング、フライングキッズの浜崎さんと、BEGINの比嘉さんでした。

浜崎さんは、Pファンク、特にジョージ・クリントンについて熱く語り、比嘉さんは、自分たちのブルースを見つけたいという思いを切々と聞かせてくれました。

どちらも、自分たちのプロモーションというより、音楽好きが、音楽好きの友達に向かって語るような感じのインタビューで、それが楽しかったのです。たぶん、地方都市だから、そういう話ができたのかな。

あと、いつも名古屋の小さなライブハウスで定期的に演奏してた、たまが、イカ天後、いつものようにライブをしようとしたらお客が殺到、周辺が大変なことになった、という事件もあって、つくづく「イカ天」の功罪についても考えさせられました。

「またほとぼりが冷めたら、ここでやらせて下さい」
と言って去っていった知久さんの戸惑ったような一言が印象的でした。

キング以外でメジャーデビューしたミュージシャンの、それぞれに「絶対に売れたい」という思いにも、
急に売れて舞い上がった発言にも、身の程知らずな大言壮語にも、一杯触れました。駆け出しライターだったあの頃の自分の思い出と重なって、ちょっと切ないです。みんな、今どうしてるんでしょう。

今回の記事で、そんなことを、ものすごく久しぶりに、思い出させてもらいました。

投稿: Umiko | 2005年6月10日 (金) 01時18分

>hello nicoさん、こんばんは。
キーボードを抱えたプログレバンド、なんとなく憶えてます。当時、ショルダーハングのキーボードが出ていたにもかかわらず、普通のキーボードにストラップをつけて出てきた人ですよね。なんとなくボ・ディドリーのギターのように見えました。たまのメンバーと三宅裕司の会話は毎回なかなか良かったです。

>Umikoさん、こんばんは。
フライング・キッズとBIGINのデビュー当時のインタビュー。その熱い思いを語ってくれたんでしょうね。この二つのバンドは、見ていても自分の軸がぶれそうにないバンドでしたね。
昨日まで地味な活動をしていた人間が、急にスポットライト浴びるとほとんどの人間は勘違いをしてしまいますよね。ある意味仕方ないことだと思います。そこで、更に実力を伸ばす人間とそのままになってしまう人間で本当のスターになれるかどうかの差が出るんでしょう。厳しい世界ですね。
この番組はプロのミュージシャンを目指す人間を増やし、若手バンドの実力の底上げを図った功績が大きかったように思います。今、同じような番組をやったら、ラップとR&Bがほとんどを占めてしまうんでしょうね。

投稿: getsmart0086 | 2005年6月10日 (金) 22時55分

さっきビデオ箱をあさっていたら“イカ天”と書かれたテープが出て来たのでちょっと見ました。故ナンシー関が出てました。
この番組の為だけに結成されたと“大島渚”が出て来て「カリフォルニアの青いバカ」歌ってましたよ。ナツカシー

投稿: hello nico | 2005年6月11日 (土) 00時52分

hello nicoさん、おはようございます。
すごい!!そんなテープが残っているんですね。ナンシー関、いいセンスしてましよね。みうらじゅんの大島渚、「イエスバカ ナイスバカ 言うことバカ♪」。かっこよかったですよね。

投稿: getsmart0086 | 2005年6月11日 (土) 06時39分

見てた!って言い切れないほどの記憶ですけど、ビギンは好きでした。フライングキッズの最後の頃から見てたような気がします。たまも好きでした。

でも一番印象に残ってるのはリトル・クリーチャーズですね。すごく良いと思いました。でも、名前とかはあんまり覚えてなくて、後でCD買うの苦労したような覚えもあります。

投稿: k-hiko | 2005年6月11日 (土) 13時23分

k-hikoさん、こんばんは。
リトル・クリーチャーズ良かったですよね。高校を出たてか在学中だったと思いますが、そのセンスには脱帽しました。ダイヤモンドの原石を発見した気分でした。デビューミニアルバムを録音したテープは家の何処かに眠っていると思います。

投稿: getsmart0086 | 2005年6月11日 (土) 23時52分

平成名物テレビが始める年の1月に新宿のライブハウスで演奏が終わった後、「テレビに出てみない?」と局の人にいわれて番組の内容も判らずに出たのが、「イカすバンド天国」の第二回目でした。1分で小さくなりましたが(笑)。その時のベースも今のsocksのベースと同一人物です。

ところで、最近の流行なのか、海外の音楽好きブロガーからはじまった「Musical Baton」とかいうものが回ってきたのでバトンをお渡しします。音楽に関する4つの質問に答えて5人に回すという、チェーンメールというかチェーンブログみたいなものですな。興味がありましたらお暇な時にでも書いてみてくださいまし。私は猫パンチさんから回ってきて、今日エントリーしました。

投稿: サンタパパ | 2005年6月17日 (金) 02時10分

サンタパパさん、こんばんは。
ここにも出演されていた方がもう一人。皆さん、すごいですねー。
ミュージック・バトン、ありがとうございました。少し遅くなりましたが、今日エントリーしました。

投稿: getsmart0086 | 2005年6月18日 (土) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴代グランドイカ天キング:

« ザ・ポーグス『Peace & Love』 | トップページ | 梅雨を過ごすのにピッタリな曲 »