« ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド | トップページ | セックス・ピストルズのドキュメンタリー »

2006年3月19日 (日)

ベック『Midnite Vultures』

今日はWBCで日本が決勝進出を決めたのでとてもハッピーな気分。なので、とびきり明るい曲を聴きたいと思い、ベックの『Midnite Vultures』を久々に聴いてみました。僕がベックで唯一持っているアルバムです。

midnite_vultures
Midnite Vultures(試聴可)

このアルバムまで僕はベックのヴォーカルが苦手でした。センスがあるのは分かるけど、長い時間は聞いていられないな、という印象でした。だけどこのアルバムに収録されている「Sexx Laws」を初めて聴いたとき、この脳天気ソングにノックアウトされました。「歌がヘタでもいいじゃないか。こんなノリノリソング作れるなら。」とアルバムを買うと、ジャッケットがこれまた人を食っていて最高です。一瞬、南極*号のように見えるマスクは目を引きます。僕の同級生に南極観測隊で1年半ほど南極暮らしをしたヤツがいるのですが、そいつにこのジャケットをさりげなく見せたらどういう反応をするのか見てみたいです。

余談はさておき、この記事を書くためにこのアルバムの人気ってどうなんだろうと思い、amazon.co.jpで「BECK」で検索してみると、意外や意外トップ20くらいまではJEFF BECK関連ばかりでした。amazon.co.jpを利用している人の年齢層の問題ですね。僕の場合も当然「BECK」と言えばJEFF BECKですけど。

でもって、このベックのアルバムで一番売れているのがこの『Midnite Vultures』でした。僕はてっきりグラミーも受賞した『Odelay』だとばかり思ってました。『Odelay』は当時色んなメディアで大絶賛だったと記憶しているんですけど、リスナーの人気はイマイチなんだったんでしょうか。僕は『Odelay』からは数曲しか聴いたことがないのでよくは分かりませんが、革新的な『Odelay』よりも、ノリが良く聴きやすい『Midnite Vultures』の方が人気があるということでしょうか。

このアルバムではノリのいい「Sexx Laws」と「Mixed Bizness」がやはり人気もあると思いますし、僕も好きです。「Sexx Laws」は、昔ジャンクスポーツでも使われていましたね。個人的にかなり好きなのが、ラリっている雰囲気がプンプン香る「Beautiful Way」です。僕は小市民なので、当然常習者ではありませんし試したこともありませんが、映画などで見る限りは、クスリやりながらこんな曲を聴いていると、天国にいるような気分になるんだろうなと思います。

「南極*号」「Sexx Laws」「クスリ」「ラリっている」なんていう表現を使うと、益々キッズgooサーチで表示される日が遠のいてしまいます。自分の子供が小学校で「自分の家族の人がホームページやブログを持っていたら検索してみて下さい」なんて先生に言われて、キッズgooサーチ使って検索しこのブログが表示されなかったとしたら悲しむだろうな。。。。。

↓このエントリーが参考になった方は投票(クリック)願います
blog_ranking.gif

|

« ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド | トップページ | セックス・ピストルズのドキュメンタリー »

コメント

今日、「南極物語」を見てきて、記事を書いていたら・・・

>一瞬、南極*号のように見えるマスクは目を引きます。

有害ブログ決定!

でも実は私、Beckって『Odelay』しか聞いた事ないのです。

投稿: ぷくちゃん | 2006年3月19日 (日) 22時20分

ぷくちゃん、こんにちは。
>でも実は私、Beckって『Odelay』しか聞いた事ないのです。
逆に僕は『Odelay』をちゃんと聴いたことがないのですが、やはり聴いておいた方が良いですか?

投稿: getsmart0086 | 2006年3月21日 (火) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19818/9164300

この記事へのトラックバック一覧です: ベック『Midnite Vultures』:

« ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド | トップページ | セックス・ピストルズのドキュメンタリー »