« ドラマ「不毛地帯」のエンディング曲 | トップページ | オデッセイ→アキュラ化プラン第1弾 »

2009年11月15日 (日)

愛車(オデッセイRB3)の静音化を思案中

正月に行う予定の中学校のクラス会の幹事になってしまったので、ここんところ忙しく、ブログの更新を怠っていました。

そんな中、最近ずっと気になることがあり、夜な夜なネットで調べていることがありました。

それは、愛車をもっと静かな車にすることが出来ないかという事です。

僕の愛車は、今春に購入した新型オデッセイ(RB3)のタイプLというクラスです。以前、このブログでも紹介しましたが、元来結構静かな車だと思っています。

アイドリング時のエンジン音はほとんど聞こえませんし、アクセルをそれほど踏まずに乗るなら100km/hくらいまではかなり静かだと思います。現行のクラウン並みとまではいいませんが、割と近いレベル(言い過ぎかな?)の静寂性はあると思います。

ですのであまり不満はないのですが、音に関する唯一の不満は、荒れた道路でのロードノイズです。田舎に住んでいるので、所々古い舗装の道路があり、そこにさしかかると「ゴー」というロードノイズが社内に響きます。この手の音は防ぐのが難しいのは分かっているのですが、一度気になり出すと益々気になってきて、なんとか対策が打てないものかと、ここ1週間くらい毎日車の静音化についてネットで調べておりました。

そうすると、世の中には色々対策をほどこしている方が大勢いて、静音くらぶなるグループもあったりします。

調べていて感じたのですが、車のノイズがゼロになることは決してないので、一度対策を始めたら「もっと静かな車にしたい」という絶え間ない欲求が沸いてきて、止めどなく対策を行っている人が多いのではないかと思いました。皆さん趣味で楽しみながら行っているようなので問題はないのでしょうが、ちょっと引いて考えると不毛な行為のようにも思えます。

そこで、僕も少しずつ楽しみながらやってみようかなと思うのですが、実施するにあたって、制限事項を設けておこうと思っています。

制限事項その1 内張をはがしたり、パーツを分解したりしない
制限事項その2 他人に頼まず自分でできる範囲にとどめる
制限事項その3 あまりお金をかけない

特に、その1は大きな分かれ目で、これをやるのとやらないのとでは随分効果が違うのだとは思うのですが、一度やってしまうと際限がなくなってしまう可能性が高いことと、綺麗に外して戻す自信があまりないこと、そして面倒なことの3点により、僕はやらないでおこうと思っています。ようは、自分で簡単にできる範囲でのみやってみるという事です。

このような考え方に基づき、自分なりに静音化プランを考えてみました。

対策1 タイヤの交換
たぶん、一番効果があるのではないかと思っています。現在のタイヤは、純正のダンロップ SP SPORT 230(215/60R16 95H)というOEM用タイヤです。扁平率が高くないのと、ブロックが大きくないので、それほどノイズの大きなタイヤではないと思いますが、これを高級タイヤに変更したら、たぶんかなり静かになるのではないかと思います。候補としては、ブリジストン REGNO GR-9000もしくは、ダンロップ VEURO VE302。しかし、いずれのタイヤにしても4本で10万円程度の出費ですので簡単に手を出すことはできません。この対策は再来年の春くらいの3万km程度を走った後にしたいと思います。

対策2 タイヤハウス内の遮音塗装
タイヤハウスの対策としては、隙間に吸音材を詰めるという方法や、タイヤハウスの裏側に吸音シートや遮音シートを張るという方法もあるみたいですが、前者については、僕のオデッセイには吸音材を詰めるべき隙間が既にないということ、後者については制限事項その1に抵触するのでできません(というかやりたくありません)。ということで、考えたのがタイヤハウス内に遮音効果の高い塗装を施すというものです。オートプラストーンというゴム系の塗装剤があり、これを厚塗りすることにより遮音効果を得るというものです。しかし、これは指定作業温度が15-35度のようなので、今の時期ではなく春先以降に実施しようと思ってます。実は、ジャッキアップ、タイヤ外し、ブレーキなどへのマスキングなど、結構面倒な作業が必要なので、後回しにしたいというのが本音です。

対策3 フロアまわりに防音シートを張る
操縦席の足下で確認してみたのですが、オデッセイ(RB3)は防音材としてフェルトシートを張っているようなので、効果がどれほど出るか疑問ですが、ロードノイズは足下から聞こえてくるはずですので、操縦席の足下周りや、フロアマットの裏面に防音効果のあるシートを張ってみようと思います。材料費もそれほど高くないのと、粘着性のあるシートを張るだけですので施工も簡単なようです。まずはこんなところから始めたいと思います。

対策4 ドア周りに吸音材を張る
ドア周りには、車体側およびドア側共に隙間なくゴムが張られているので、効果があるのか疑問ではありますが、材料費も安いようですし、施工が簡単そうなので、試しにやってみたいと思います。これはロードノイズ対策というよりは風切り音対策の意味合いが強いと思いますが、高速を走るとそれなりに風切り音は聞こえてきますので、やってみたいと思います。

このプロジェクトを個人的に、「オデッセイ→アキュラ化プラン」と名付けて、実施していきたいと思います。ホンダの高級ブランドであるアキュラのように高級な感じのする車になればという思いでのネーミングです。

今後、対策を実施したら、この場で報告したいと思います。

※ 2012年7月3日追記

静音化について、実施したことを後日書きましたので、リンクを張っておきます。

オデッセイ→アキュラ化プラン第1弾
オデッセイ→アキュラ化プラン第2弾
オデッセイ→アキュラ化プラン第3弾

|

« ドラマ「不毛地帯」のエンディング曲 | トップページ | オデッセイ→アキュラ化プラン第1弾 »

コメント

ゲッツさんこんばんは。
静音化ですか・・あたしからみるとオデッセイなら必要ない話ではないかとも思いましたが、考えるとけっこうおもしろそうですね。
フロア周りなら効果はありそうですね。
あまり静かなクルマに乗ってたことがないので、たまによその高級車に乗ると実感することがあります。
(特にドアの密閉感など)
あたしの制限事項その4は「気にしない」ですかね・・

投稿: SYUNJI | 2009年11月16日 (月) 22時28分

SYUNJIさん、コメントありがとうございました。

>静音化ですか・・あたしからみるとオデッセイなら必要ない話ではないかとも思いましたが、考えるとけっこうおもしろそうですね。

音はいろんなところから入ってくるので、やりすぎるくらいやらないと、なかなか静かにならないみたいです。やり方によっては、音は静かになるけど、重量が重くなるため燃費が悪くなるということもあるそうです。

>(特にドアの密閉感など)

オデッセイのリアハッチの開閉音は、ドアと比べて醜いほど安っぽいので、これはなんとかしたいと思っています。この対策が一番優先順位高いかも。案外これで音が変わるかもしれません。

>あたしの制限事項その4は「気にしない」ですかね・・

正しい見識だと思います。最近は、ノイズばかりに意識がいってしまい、車内で音楽を楽しめません。

投稿: getsmart0086 | 2009年11月16日 (月) 23時01分

私も新型オデッセイに乗って居ますがロードノイズに悩まされタイヤをレグノGR9000に交換しましたがロードノイズは全く変わりませんでした、これにはタイヤショップもホンダ自動車も驚いていました。この車は鉄板も薄く遮音対策しても中々静かにならない車だとも言われました、アンダーコートもして見ますがどの位静かになるかは分かりませんが最後の手段かもしれませんね、エンジン音が静かでもロードノイズがうるさいと疲れる車になりますね。

投稿: みつお | 2010年5月29日 (土) 11時42分

みつおさん、コメントありがとうございます。

僕が替えようとしていたレグノGR9000に替えてもダメなんですか。かなりショックな情報でした。だけど、替える前に聞いておいて助かりました。ありがとうございました。

燃費を上げるために、鉄板を薄くしたということなんでしょうね。

荒れた路面でなければ気にならないんですけど、そういう道ばかりではありませんしね。悲しー。

投稿: getsmart0086 | 2010年5月29日 (土) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19818/46768287

この記事へのトラックバック一覧です: 愛車(オデッセイRB3)の静音化を思案中:

« ドラマ「不毛地帯」のエンディング曲 | トップページ | オデッセイ→アキュラ化プラン第1弾 »