« 小学校卒業式で歌った「さよなら」という曲知りませんか? | トップページ | サイケなボブ・ディランとポール・サイモンって »

2010年3月28日 (日)

ドリーム・アカデミー『The Dream Academy』

The_dream_academy
The Dream Academy


今でもたまにテレビ番組でも使われることが多い、「Life in a Northern Town」が収録されているドリーム・アカデミーのデヒューアルバムです。

このドリームアカデミーニック・レアード・クルーズギルバート・ガブリエルケイト・セント・ジョンの3人組バンドですが、このアルバムのプロデューサーがディヴィット・ギルモアだったということが、'85のリリース当時かなり話題になったと思います。

僕がこの情報を聞いたのは、たぶんベストヒットU.S.A.で、小林克也が彼らの曲を、「このデビューアルバムのプロデューサーは、あのピンク・フロイドのギタリスト、ディヴィット・ギルモアです。The Dream Academy. Life in a Northern Town.」という風に紹介していたと思います。

ちなみに、僕は紅一点のケイト・セント・ジョンのソロアルバムも1枚持っており、結構好きなアルバムなんですが、今CDラックを探してみたところ見つかりませんでした。確か昔はこのアルバムの隣に置いていたハズなんだけどなー。

僕は、CDをジャンルや似たような音のアルバムで整理しているのですが、1枚だけしか持っていない人のアルバムは、元の位置とは違う場所に置いてしまうこともあり、探すのに苦労することがよくあります。今度見つかったらこのアルバムについても書いてみたいと思います。

さて、このアルバムの収録曲ですが、目玉はやはり「Life in a Northern Town」ですね。ヴォーカルのニック・レアード・クルーズの繊細な声と、「hey ma ma ma ♪」という厚みのあるコーラスが耳に残る曲です。僕は、このを美しく仕立て上げている肝は、オーボエが奏でる旋律にあると思っています。北の大地のゆっくりと流れる時間と、オーボエのたおやかな音色がこの曲にピッタリだと思います。ちなみに、オーボエはケイト・セント・ジョンが吹いています。

他には、「Love Parade」も大好きで、確かこの曲もシングルカットされたと思います。この曲も「Da Da Da♪」という吐息のようなコーラスが特徴で、子供の頃に映画「男と女」の「ダバダバタ♪」というスキャットにはまって以来、この手のコーラスに僕はメロメロなんです。

あと、「Moving On」もなかなか良いですよ。

今回、改めてライナーノーツを読んでみたのですが、ニック・レアード・クルーズは、デビュー前に彼の曲を聴いて興味を持ったポール・サイモンに、「もし君が、ニューヨークに住んで、1日4~5時間僕について勉強したら、僕が20年かかって憶えたことを教えてあげるよ。」と声をかけられ、有り金はたいてニューヨークへ行ったそうです。

バンド自体は20年前に解散しているようですが、ニック・レアード・クルーズは、ピンク・フロイドのアルバム『対』にも参加していたそうです。

最近はどんな活動をしているんでしょうね。

|

« 小学校卒業式で歌った「さよなら」という曲知りませんか? | トップページ | サイケなボブ・ディランとポール・サイモンって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19818/47934134

この記事へのトラックバック一覧です: ドリーム・アカデミー『The Dream Academy』:

« 小学校卒業式で歌った「さよなら」という曲知りませんか? | トップページ | サイケなボブ・ディランとポール・サイモンって »