« 曲名に「summer」が付く洋楽 | トップページ | ゆうれいけむり »

2012年7月 1日 (日)

オデッセイ→アキュラ化プラン第3弾

随分前に愛車オデッセイ(RB3)を静かな車にするべく手を加え、その模様を二度記事にしました。

オデッセイ→アキュラ化プラン第1弾
オデッセイ→アキュラ化プラン第2弾

今回はそれに続く第三弾となります。

実施したことはタイヤを替えただけなのですが、一番最初に書いた「愛車(オデッセイRB3)の静音化を思案中」でも書いていましたが、やはり一番効果がありました。

新しく履かせたタイヤは、ブリジストンの「REGNO GR-XT 205/60R16」。日本のタイヤメーカーが作るコンフォートタイヤとしては、一番静寂性が高いと言われているタイヤです。

Dsc_5288

タイヤを替えたのは昨年の11月でしたが、替えた直後は正直買い物失敗だと思いました。サイズが205/60R16なので、超扁平タイヤよりは随分安いのですが、それでも4本で10万円くらい。他のコンフォートタイヤよりは2~3万円くらいは高く、無駄な出費になったかと思うと、へこんでしまいます。

失敗だと思った理由は二つ。

一つは静寂性が思ったほどではなかったことです。いつも行っているテニスコートへの道路は表面がざらついているので静寂性の評価に持ってこいと思い、履き替えた直後に走ってみたのですが、前に履かせていたタイヤとあまり変わらずショックに打ちひしがれました。

二つ目はグリップ力が低いと思ったことです。これも前述の道路で試したのですが、コーナーリングが不安になるほどグリップせず正直運転していて怖かった。REGNOのGRシリーズは、このGR-XTからエコタイヤになり、転がり抵抗が低くなったのである程度グリップ力は低いと思っていたのですが、狙ったラインを全然トレースできず、ワインディングロードではスピード出すのが怖かったです。この部分は本当に後悔しました。

上記が初日の印象だったのですが、この印象は徐々に変わっていきました。

通勤を中心に100km程度走ったところから、「あっ、静かになってきた」と感じるようになり、グリップ力も上がってきて、最初に感じた怖さは薄れてきました。1000kmを越えてきた頃からは、このタイヤのうたい文句である静寂性の高さがはっきりと分るようになりました。具体的に言うと、カーナビのオーディオやテレビのボリュームを2割減にしても、以前と同じくらいの感じで聴くことが出来ます。路面がスムーズな道路での静寂性は本当に高く、オデッセイが高級車になった感じがします。ただ、路面が荒れている道路では、以前よりは静かになったとは思いますが、期待したほど静かにはなっていません。やはりオデッセイは、ボディーの防音材やガラスの厚さがクラウンなどの高級車に比べて少ないので、外部からの音の入り込みが大きいので、タイヤが良くなってもその効果は活かしきれないのかもしれません。

グリップ力については、スポーツ系のタイヤに比べれば当然コーナーリングでの限界は低いと思いますが、こういう振る舞いをするんだということが分った上で運転すると、特に不安を感じるレベルではなく、それなりに飛ばしても危険を感じることは全くありません。

グリップ力を示すエピソードを一つ紹介。

3ヶ月ほど前に、近所の2車線道路を走っていると、見通しの良い信号なしの交差点におばさん運転の一台の車が横切ろうとしていました。おばさんはこちらを見ていたので僕の車のことは認識していると思い、僕は60km/hくらいで直進すると、何を思ったかその車が道路を横切ろうと飛び出し、反対車線に4tくらいのクラックが走っていたので事もあろうかおばさんは僕の車の車線で止まりました。

焦ったのは僕の方です。おばさんが飛び出してきたのは僕の15mくらい前。速度は60km/h。僕は完全におばさんの車の横っ腹にぶつかり、僕の車のフロントはぐしゃぐしゃになることを覚悟しつつ急ブレーキをかけました。

ABSは効きっぱなしで速度は落ちていくものの、何せ距離は15m。おばさんの車はどんどん目の前に迫ってきます。最後1mくらいになってもある程度の速度が出ていたので、大破することはなくてもぶつかるのは必至だという覚悟は決めていました。「あと1m距離があれば無事なのに」と思いつつブレーキを踏み続けると、あと10cmもない所で無事止まりました。

事故に至らなかったのは、ABSやブレーキなど、タイヤ性能だけのお陰ではないのですが、スリップすることもなく、確実にグリップ力を効かし停止させてくれたタイヤには感謝感謝です。

最後になりましたが、このタイヤ、エコタイヤなので転がり抵抗が低く、アクセルを離してもなかなかスピードが落ちません。感覚的には2~3割はアクセル離してから止まるまでの距離が延びているのではないでしょうか。よって燃費も良くなり、1割くらいは燃費が改善していることをお伝えしておきたいと思います。

少し高い買い物でしたが、おおむね満足できる性能でしたので、買い換えて正解だったと思います。

|

« 曲名に「summer」が付く洋楽 | トップページ | ゆうれいけむり »

コメント

はじめましてこんばんはー。
自分はRB1乗りですが、同じ悩みを抱えていたためミシュランプライマシーLCに交換しました。
まだ満足できず、ネットで検索した所、タイヤハウス内に(インナーフェンダーを外し)ノイズレデューサーを吹き付けました(計四本)インナーフェンダー・フェンダー裏にもレジェットレックスを貼りました。

すると、純正タイヤからミシュランに交換したレベルのノイズ減少がありました。しかし低音のゴーのみが消えた様で高い音が聞こえてくるようになりましたw

ネットで揃えると1万円程度なので費用対効果は抜群だと思います、バラす必要があるのでポリシーに反すると思いますが。

気が向いたらお試しください、前後でビデオを撮られると効果がよくわかりますよー!

投稿: 遠藤 | 2012年10月28日 (日) 02時59分

遠藤さん

コメントありがとうございました。

ノイズデュレーサーやっちゃいましたか。すごいですね。ジャッキアップして、タイヤ外して、タイヤハウス外してなどなど結構大変ですよね。尊敬します。

確かに費用対効果は高いでしょうね。

ビデオを撮るというのは確かにありですね。今度何か手を加えた時には試してみます。

ありがとうございました。

投稿: getsmart0086 | 2012年11月 1日 (木) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19818/55088777

この記事へのトラックバック一覧です: オデッセイ→アキュラ化プラン第3弾:

« 曲名に「summer」が付く洋楽 | トップページ | ゆうれいけむり »